zakzak

記事詳細

桜田五輪相、不適切発言で炎上 池江璃花子の白血病公表に「ガッカリ」

 桜田義孝五輪担当相が、また炎上騒動を起こした。日本女子競泳のエース、池江璃花子選手が白血病を患っていることを公表したことを受けて、「ガッカリしている」などと語ったのだ。こんな人物が担当大臣では、2020年東京五輪に不安が募りそうだ。

 桜田氏は12日、池江選手に関する感想を記者団に求められ、「金メダル候補で日本が本当に期待する選手なのでガッカリした。早く治療に専念し、頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい」と、まず述べた。

 さらに、「1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がる。盛り上がりが若干、下火にならないか、心配している」と続けた。

 絶句するしかない。動画を見ると悪意はなさそうだが、言葉の選び方が完全に間違っている。池江選手の心情にも寄り添っていない。

 ネット上では、《桜田大臣の発言にがっかり》《これが政府の認識なのか》《大臣をやめてほしい》といった批判が殺到している。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は13日、都内の会合で桜田氏の発言に触れ、「ひどい。閣僚が掛ける言葉なのか。安倍政権の体質を典型的に表している。罷免を求めたい」と訴えた。

関連ニュース

アクセスランキング