zakzak

記事詳細

先輩の手本になる!? ルーキー・木浪聖也のプロ意識 阪神ドラ3の24歳

 阪神のドラフト3位ルーキー、木浪聖也内野手(24)=ホンダ=が21日の広島との練習試合(宜野座)に「6番・一塁」で先発し、2安打2打点。

 青森山田高、亜大から社会人をへてプロ入りした男に与えられる時間は、決して多くない。その分スタートダッシュがカギを握る。本職は遊撃で、ベテラン鳥谷、若虎の北條と定位置を争うが、この日は「いろんなポジションをやっておいた方がいい」という矢野監督の判断で、中谷にファーストミットを借りて臨んだ。

 右投左打。バットでは初回に九里から右前2点適時打を放ち、続く打席でも岡田から右前打。一線級からHランプを灯し「プロでは甘い球は来ない。その中で一球に集中している」とうなずいた。

 今キャンプ初実戦の7日の紅白戦で勝ち越し弾を放つと、ここまで全4試合でヒットを記録。指揮官を「レギュラーが狙えるものを見せてくれている」とうならせた。二塁、三塁も守れるユーティリティープレーヤーぶりも重宝されそうだ。

 そんな木浪にチーム関係者は「今後、うちのチームを変えてくれる存在になり得る」と大きな期待をかけている。

 まず練習に対する姿勢が際立っている。「たとえばマシン打撃では、誰とは言わないけど、ただ来た球を意識せず打ってる先輩もいる中で、木浪はセンター返しを意識して取り組んでいる。守備練習でもそうした傾向はある。この姿を見て先輩たちがどう感じるかだ」。話があべこべだが、ルーキーを手本に、先輩たちの野球に取り組む姿勢が変わる可能性があるわけだ。

 別の関係者は木浪のアピール度を評価する。「元気もいいし、ドラフト1位の近本なんかはまだ緊張する場面が多いけど、木浪は自分をしっかり主張できている」。先日もベテランの福留が主催した裏方との食事会で、存在感を発揮していたという。

 チーム内からも「今キャンプは“目玉”が見当たらない」との声が上がる中、即戦力ルーキーが開幕1軍の切符をつかむべく猛進している。(山戸英州)

 ■珍客登場

 南国にいることを実感しました。阪神の沖縄・宜野座キャンプに21日夕方、珍客登場。キノボリトカゲとみられる爬虫類1匹が地面や壁をウロウロ…。昨年まで現役外野手、今年から球団職員に転身した緒方凌介広報(28)が捕獲しました。ジッと見つめる目は、球団マスコットのキー太です。

夕刊フジ運動部公式ツイッターでは、未公開の別カット写真を含めて掲載します。

関連ニュース

アクセスランキング