zakzak

記事詳細

アプローチでトップしてしまう人は…頭を残して最後までボールをよく見る

★アプローチ トップとチョロ編

 自分のことを一番分かっていないのは自分、というのがゴルフの現実なのかもしれません。

 僕はプロのコーチとして自分の指導する選手の試合は観に行きます。いくら本人から話を聞いても、現実は違う場合が多いからです。

 プロでさえ練習、コース、試合という3段階の異なる自分がいます。必死になって一生懸命にゴルフに取り組む真面目な人ほど、そうなる傾向が強いものです。

 プロにとってはゴルフが仕事ですが、結果は望んで得られるものではなく、あくまでご褒美と考えた方がいいかもしれません。アマチュアの人たちのように楽しくプレーできる方法を考えつつ、今この瞬間に何をすべきなのかを考えることが大事なのです。

 異なる自分がいるということを認識した上で、今回はトップとチョロについてです。

 アプローチでトップしてしまう人は、インパクトで腹筋から力が抜けています。その結果ボールの行く先が気になってしまい、腰の前傾角度が変わり体が伸び上がってしまうのです。そのような時は頭を残せばよいのですが、一度地面に当たった後に地面に弾かれてトップすることも考えられます。

 トップが頻繁に起きる場合は、ボール位置を右足寄りにセットし、ハンドファーストになるように右手首の甲側方向に強く折り曲げ、その形をキープしたまま打つようにします(写真〔1〕)。体幹をしっかりさせ、特に足の付け根に力を入れて、インパクトの瞬間までボールを良く見るようにしましょう(〔2〕)。結果よりも当たりを安定させることに集中してください。

 欲張らずにトップじゃなければ、チョロは許す、という気持ちで臨むことが大切です。頭が残って肩が地面と平行に回転すれば、チョロも簡単には出なくなるので、力まず、慌てずにゆっくりと行いましょう。大きなミスを減らしてくれる鍵になります。(モデル・野田すみれプロ、撮影協力・赤羽ゴルフ倶楽部)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース

アクセスランキング