zakzak

記事詳細

ロブショットはバンカーショットと同じ 地面とフェース面を平行に、コック使いフルスイング

★ロブショット編

 ロブショットは、上級者が使うテクニックだと思われていますが、バンカーショットと打ち方がほぼ変わらないので打てるように準備しておきましょう。逆にロブショットを打てるようになれば、バンカーショットも簡単に打てるようになります。

 バンカーショットは砂がなければ練習が難しいですが、ロブショットは人工芝でも練習が可能です。バンカーが苦手だという方はぜひ、練習場でロブショットを練習しましょう。

 周りの目があり、失敗したら恥ずかしいと思うかもしれませんが、ミスしても良いからこそ練習場なのであって、ミスしない人は練習場に行きません。周りの人も同じ悩みを持った人々ということを決して忘れず、遠慮せずに練習しましょう。

 フェース面を地面と平行になるように限界まで開きます。リーディングエッジの向きはターゲットにスクエアになるようにして、手首の位置は低くします。スタンスは広く取り、コックを使いながら、インパクトでクラブヘッドがグリップより先に出るようにフルスイングしてください。ボールと地面の接点にスイングの最下点が来るように打ちましょう。

 ダルマ落としをするかのようにフルスイングして、クラブヘッドがボールの下を見事くぐり抜けたとき、どの程度ボールが飛ぶのか試してください。

 もし、予想よりも前に飛んでしまうなら、右膝を外側にガニ股に固定して同じことをしてみてください。そうするとボールが前に飛ぶのを抑えることができます。

 また、ダルマ落としをして抜け過ぎてしまう人は、手首をひねる動きを入れてみてください。

 手首をひねってフェースを閉じるようにしてロブショットを打てば、ダルマ落としを防ぐことができます。よりボールを減速させたいなら、フェースを開くようにひねると抜け過ぎを抑えて死んだボールになります。練習の息抜きにやってみてください。(モデル・野田すみれプロ、撮影協力・赤羽ゴルフ倶楽部)

 ■山本幸路(やまもと・こうじ) 1974年北海道生まれ。2000年にツアーデビューし、07年に関西オープンで優勝。レッスンプロとして東京都・恵比寿の「GOLF PLUS」に在籍。CS番組「ゴルフ革命」(日テレG+)に出演しているほか、雑誌でも活躍中。

 ※関連動画や美女プロゴルファーのオフショットなども配信中! 詳しくはコチラ⇒ 夕刊フジ ゴルフ公式インスタグラム

関連ニュース

アクセスランキング