zakzak

記事詳細

貴景勝、あす8日目から再出場へ

 右膝のけがで大相撲夏場所を途中休場していた新大関、貴景勝(22)=千賀ノ浦部屋=が19日の8日目から再出場することになった。18日朝、師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が明らかにした。相手は小結碧山に決まった。

 貴景勝は4日目の御嶽海との一番で負傷。「右膝関節内側側副靱帯(じんたい)損傷で、約3週間の加療を要する」と診断され、5日目から休場していた。

 親方は当初、再出場させない考えを示していたが、回復力を上げるために高気圧酸素カプセルを導入するなどして土俵に再び上がるとの強い意欲を見せていた。

 御嶽海戦で3勝目を挙げており、残り5勝で勝ち越せば、7月の名古屋場所で「カド番」となるのを回避できる。

アクセスランキング