zakzak

記事詳細

川崎FWレアンドロ・ダミアン 背中で相手DF封じた芸術的オーバーヘッド

 これぞセンターFWの圧巻プレー。しかも“遊び心満載”のブラジル人FWならでは。実に素晴らしいゴールでした。

 J1第11節(12日)の清水戦。3-0とリードして迎えた後半アディショナルタイムに、今季から川崎に加入した元ブラジル代表FW、レアンドロ・ダミアン(29)が披露したオーバーヘッドシュートです。思わず『すげぇ~』と叫んでしまいました。

 もちろんシュートも素晴らしいのですが、その前段階の動きがまた秀逸でした。ペナルティーエリア内で、マークにきた相手DF立田の動きを背中で完璧にブロック。この時点でもう半分以上、シュートは成功したようなものです。

 こうしておいて、左サイドから供給されたグラウンダーのパスを、自ら右足首でトラップして浮かせ、次の瞬間その右足を振ってオーバーヘッド。密着していた立田も、その後ろにいた相手GK西部も「まさかシュートを打つとは」と完全に虚を突かれました。

 さすがに本人もここまで完璧に決まるとは思わなかったのでは。キャリアハイクラスの一撃になったはずです。(元J1横浜監督・水沼貴史)

関連ニュース

アクセスランキング