zakzak

記事詳細

巨人・原監督の後継候補、阿部慎之助に試練…元木大介を超えろ!

 巨人・原辰徳監督(61)が4日の紅白戦で競わせるのは選手だけではない。2、3軍のファーム組を率いて初実戦に臨む、阿部慎之助2軍監督(40)も采配を試される。

 原監督は3日、紅白戦の投手に関する質問に、かぶせ気味に「阿部采配!」「阿部采配と元木采配だね!」と自身の注目ポイントを畳みかけた。

 新米2軍監督の采配ぶりを、まっさらな気持ちで楽しむ構えだ。「僕が想像しているような監督さんでは面白くないでしょう? やっぱり僕がびっくりするような、『おお!』というようなことが大事。こうなってほしいとか、こういうふうな、とかは全くない」。

 さらに自身の後継者候補と公言する形で、「それはもう、僕をはるかに超える監督にならなきゃいけないわけですから」とハッパ。近未来の禅譲に向けて、本格的なレッスンが始まった格好だ。

 その“スパーリング相手”に指名された、元木大介ヘッドコーチ(48)のベンチワークはより現実的な問題だ。今季からヘッドに昇格し、原監督の退場や健康状態など有事の際には監督代行を務めることに。阿部2軍監督にとって、まさに越えねばならない壁といえる。

 当の阿部2軍監督はこの日、原監督の期待にも「…頑張ります」と言葉少なだったが、いざ紅白戦では両軍のベンチ間で熱い火花が散るか。(片岡将)

関連ニュース

アクセスランキング