zakzak

記事詳細

阪神再建論(4)ロサリオにもダマされ…いっそのことバースを補強したら? 65歳でも衰えぬ打撃技術

 元巨人、中日捕手で夕刊フジコラムニストの小田幸平氏(42)と“ふたり言”シリーズ第4回。外国人打者に救世主を期待しては、裏切られ続けるタイガース。いっそ、あの伝説の助っ人に復帰してもらいます!?

 遠藤「東京五輪の影響で、今年はプロ野球の日程も変更になるんですよね?」

 小田「いろんなとこに影響が出てますね。僕が出ている『サントリードリームマッチ』も例年の8月から、今年は4月の開催になりました。ぜひ、来てくださいね。青春時代の選手がいっぱい出てますから」

 遠藤「(ランディ・)バースとかね」

 小田「すごいですよ、バースは。この話、朝までできます。御年65歳。今でもすべて芯に当てますから。ホームラン性の打球もバンバン飛ばす」

 遠藤「マジですか? 去年の映像見てもあのままですもんね。体形も変わってない」

 小田「真っすぐのタイミングで待ってて、カーブが来ても右足でビタッと止まります」

 遠藤「すげえなあ。ここ何年も外国人でいいのが当たってないじゃないですか。正直、バースの方がいいんじゃないかと。どうせ打てないなら、バース見られた方が…みたいな」

 小田「バースなら立ってるだけで四球取れますよ」

 遠藤「去年のロサリオ、見てくださいよ。評論家の方、ほぼ全員が『やっと本物来たよ。おめでとう、今年の秋は(優勝旅行で)ハワイに行けるで』と。若手から重鎮までみんながみんな、『ロサリオは4番で決まり。三冠王まである』と」

 小田「僕は無理やって言ってましたよ。オープン戦で打たせてもらってた感じでしたからね」

 遠藤「でしょ? 僕、心配で『本当に大丈夫ですか?』って聞き続けてたんです。そしたら『何を言うてんねん。見逃し方が違うがな』と。ことごとくそう返されてて、フタ開けたらああですよ。どないなってんねん! ホンマ、バース帰ってきてくれへんかな」

関連ニュース

アクセスランキング