zakzak

記事詳細

阪神再建論(5)巨人と選手を全取っ替えしても優勝できない!?

 元巨人、中日捕手の夕刊フジコラムニスト、小田幸平氏(42)とお送りしてきた“ふたり言”シリーズもいよいよ大団円。阪神にとって永遠のライバル、巨人の強さの秘密とは? OBの小田氏だからこそ知る実態に迫ります。

 遠藤「そもそも、プロの選手って飛び抜けた才能の集まり、超人の集まりやと思ってて。ケガさえしなければ誰もできないことをするわけじゃないですか」

 小田「だからみんな、丸刈り頭にしたらいいんですよ」

 遠藤「え?」

 小田「毛が無い」

 遠藤「今、そういうコーナーじゃないんで」

 小田「すみません」

 遠藤「でも、ホンマそうなんですよ。いや、そうじゃない(笑)。今の巨人の選手が全員タイガースに移籍したとして、5年で5回優勝できるかと言ったら、そうではないと思うんです。でも、今のタイガースの選手が5年間、巨人にいたら3回は優勝できそうな気がする」

 小田「どういうことですか?」

 遠藤「前に聞いたんですけど、巨人って活躍したら年俸以外でもらえる『監督賞』ってお金がある。巨人から日本ハムに移籍したある選手が活躍して、監督賞がもらえると思ったらピッチピチの鮭1本! 『おめでとう』って渡された。そのときに巨人との差が分かったと」

 小田「僕がいたときも別格でしたね。サヨナラヒットを打ったら巨人では20、30万。それに勝利給もあってプラス20万くらい。で、監督から次の日に『長嶋茂雄』って書いてある封筒を手渡しされる。違うところからも賞金が出るんで、合わせたら70、80万くらい」

 遠藤「サヨナラヒット1本で! くわぁ~」

 小田「で、前に広島のOBに聞いたら、サヨナラヒットで2万円。巨人やとベンチで声出してるだけで2万円もらえる。『ここで声出してるだけでも、広島のサヨナラヒットの価値はあるんや』と思いながら一生懸命に声出して、17年たちました」

 遠藤「素晴らしい。プロで17年やって声枯れるって。でも、その巨人を倒さないといかんわけですよね!」

関連ニュース

アクセスランキング