zakzak

記事詳細

東京マラソン、一般ランナー抜きで実施へ 新型コロナ影響で

 3月1日に行われる東京マラソンが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、一般ランナー抜きで実施されることが17日、関係者の話で分かった。車いすの部を含め、招待選手らエリートランナーのみで争う。

 レースは残り1枠の東京五輪男子代表の選考会を兼ねており、日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)や前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)らが出場予定。エリート選手としてマラソンで176人、車いすの部で30人が発表されている。

 2007年に始まった東京マラソンは国内最大規模の大会に成長し、今年は約3万8千人が参加予定だった。感染拡大が懸念され、既に出場資格を持つ中国在住者に対しては来年の大会の出場権を与えて参加料を免除すると決め、参加自粛を呼び掛けていた。各地点への消毒液の配備や希望者へのマスク配布などの対策を取って開催する予定だったが、ウイルスを巡る事態が深刻さを増しており、大会約2週間前に異例の決断が下された。

関連ニュース

アクセスランキング