zakzak

記事詳細

五輪ボランティア、韓国・平昌は宿舎提供したのに東京では…

 7月24日に開幕する2020年東京オリンピック。これまでの準備期間の中で、多くのトラブルが発生したが、大会が始まってからの懸念材料もある。それが「ブラックボランティア」の問題だ。

 ◆やりがい搾取といわれるブラックボランティア

 ボランティアは昨年9月に募集が始まり、大会8万人と都市3万人、合わせて最大11万人が参加する予定だ。その概要が発表された時から、「ブラックだ」と指摘されてきた。「1日8時間、10日以上の活動が条件」というハードさにもかかわらず、無償に近い奉仕になることにその原因がある、と作家の本間龍さんは言う。

 「1日1000円が支給されますが、交通費相当にしても大会期間中、この金額で生活はできません。しかも、宿泊先の確保は各自によります。

 これまでの大会も無償だったと大会組織委員会は説明していますが、違います。韓国で行われた平昌冬季五輪では、ボランティアには宿舎が与えられ、いつでも食事できる場所がありました。2016年のリオ五輪も、都市ボランティアは日本円で日当5000~1万円ほどで集められていました。2012年のロンドン五輪も、市内の交通機関が無料で使用できるという特典があったのです」

 そんな中、昨年11月には、大会組織委員会が約2000人の有償スタッフを募集し、物議をかもしている。

 「求人誌『タウンワーク』に掲載された募集内容は、大会ボランティアの仕事と酷似。しかも時給1600円だという。ボランティアで参加する人たちから不満の声が上がっています」(本間さん)

 大会ボランティアとして採用された、都内に住む自営業のA子さん(50才)は「有償があるなら最初からそちらに応募したかった。今となっては辞退したい」と語っている。

 ※女性セブン2020年2月27日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング