ZAKZAK for mobile

真央、胃腸炎で緊急帰国 フリーの前から吐き気…エキシビション取りやめ

記事詳細

真央、胃腸炎で緊急帰国 フリーの前から吐き気…エキシビション取りやめ

 自己最低の6位に終わった女子の浅田真央(25)=中京大=が、胃腸炎のため13日のエキシビション出演を取りやめ、帰国の途に就いた。日本スケート連盟の小林芳子強化部長によると12日のフリーの前から吐き気があり、試合後に体調が悪化した。

 浅田は「ご迷惑をお掛けします」と話し、次戦の全日本選手権(25日開幕・札幌)に向けて意欲を示したという。GPファイナルでは出場7度目(過去4度優勝、2度2位)で初めて表彰台を逃した。1年間の休養を経て10月に実戦復帰してから4戦目で、小林強化部長は「連戦で蓄積されていた疲れが出たんだと思う」との見方を示した。

 「何かが違うんですかね。全部失敗したくない、やらなきゃ、やらなきゃという気持ちが強過ぎるのかもしれない」と浅田。

 明らかに調子が悪いのだから、少しジャンプの難易度を下げた方がいいかもしれない。フリーではトリプルアクセル、連続3回転、3回転ルッツを組み込む高難度の構成。「(ジャンプの変更を)考えなきゃいけないと思います」と浅田。少し楽に滑った方がいい。

ランキング