ZAKZAK for mobile

【ワールドサッカー】前バルサと現レアルの監督がプレミアに!? 因縁対決実現すれば盛況必至

ニュースカテゴリ:スポーツのサッカー

【ワールドサッカー】前バルサと現レアルの監督がプレミアに!? 因縁対決実現すれば盛況必至

更新

ジョゼ・モウリーニョ監督(ロイター)  来季のマンチェスター・ユナイテッドの監督に、前バルセロナ監督のジョゼップ・グアルディオラ氏(41)が就任する可能性が出てきた。一方、宿敵チェルシーには現レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督(49)の名前が浮上。因縁の対決が、来季はプレミアに舞台を移して再燃しそうだ。

 英紙サンによれば、マンUのアレックス・ファーガソン監督(70)はキャシー夫人を伴ってクリスマス直前に米ニューヨーク入り。グアルディオラ氏と極秘に面会したという。いずれも同地に豪華アパートを所有し、今季すでに2度接触している。ただし今回は、ファーガソン監督の求めで会談が実現した点が興味深い。

 ファーガソン監督は、大みそかに誕生日を迎えると71歳。これまで何度も引退の噂を覆してきたが、就任27シーズン目となる来季はさすがに難しいとみられている。すでに、後継者として「グアルディオラか、デイビッド・モイーズ(現エバートン監督)しかいないだろう」と指名している。

 グアルディオラ氏はスペインリーグ3連覇、欧州チャンピオンズリーグ(CL)も2度制し、昨季限りで退任。バイエルン、チェルシー、ブラジル代表監督などのオファーを受けているが、本人の意中のクラブもマンUだとされる。

 火中にいるのはモウリーニョ監督だ。リーグ首位のバルサとは勝ち点で16も大差をつけられ、ファンからは解任を求める声も出ている。その一方で、娘をイギリスの大学に入学させ、ロンドン市内に住居を確保するなど、来季のチェルシー監督復帰に向けた環境整備は進行している。

 これまで欧州CLには2度(FCポルトとインテル)優勝し、リーグ戦も7度の優勝(FCポルト、チェルシー、インテル各2度、レアル1度)と実績はグアルディオラ氏を上回る。

 スペインリーグで覇権を争った因縁の2人。プレミアシップで対決が実現すれば、盛り上がりは必至といえそうだ。(大瀧真砂子)

ランキング