【Yes!高須のこれはNo!だぜ】イエスかノーか! 低下する安倍内閣の支持率、ネット上でも世論調査やってみたら?

政権は今後どうなるだろうね

 安倍晋三内閣の支持率が低下している。共同通信が行った世論調査によると、支持が35・8%で不支持が53・1%。8月には内閣改造が行われる予定なんだそうだけど、一方で「ポスト安倍」をめぐる動きも活発化しているようだ。

 この世論調査って、電話でやるんだってね。ただ、これだとどうしても日中に家にいて電話を取れる人が答えるということになるから、回答者の大半は年配の人なんじゃないかな。日中外出してたり、携帯電話だけで固定電話を持たないという人は調査に答えようがない。

 せっかくなら、より多くの声を集めるために、インターネット上でも世論調査をやってみたらどうだろう。「イエス」か「ノー」の二者択一でシンプルにやって、電話とネット両方の調査結果を紹介すれば面白いと思うんだけどね。

 支持率急落は加計(かけ)学園の問題や、豊田真由子議員のパワハラ疑惑などが大きく取り沙汰された影響があるのだろう。ただ、加計学園に関しては、何が本質的な問題なのか正直よく分からない、というのがボクの印象だ。

 加計学園の獣医学部新設計画の認可をめぐる動きが、安倍首相の「忖度(そんたく)」によってゆがめられたというけど、愛媛に獣医学部ができるのは喜ばしいことだし、学生たちにとってもうれしいはずだ。誰か損をする人がいるのかしら。単に野党が安倍首相批判の材料に使って、マスコミがあおっているだけのようにボクには見えるよ。

 もっといえば、別に忖度があってもいいんじゃないのとすら考えている。そもそも忖度は日本の文化ともいえる言葉で、医療機関が大学病院に向けて書く紹介状なんて「私が紹介しますから、何卒、よろしくお願いいたします」という、忖度そのものなんだから。

 とはいえ、通常国会終了後に行われた東京都議選で小池百合子都知事が率いた「都民ファースト」に惨敗したことは、自民党にとって大きな痛手だっただろう。立て直しを図るために「ポスト安倍」をめぐっては石破茂さん、岸田文雄さんらの名前があがっている。ボクとしては、ぜひ麻生太郎さんにも名乗りをあげてほしいところなんだけどね。

 ところで、安倍さんが本当に首相の座から降りちゃったら、困るのは「安倍一強」と声高に批判し続けてきた野党や一部のメディアなんじゃないの。かえって自分たちの存在感を発揮する機会を失ってしまうかもね。それくらい、今の野党は頼りないと思うよ。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。著書多数、最新刊は「ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて」(小学館)。

Read more