菅氏、慰安婦像の公共造形物指定に「極めて遺憾だ」

 菅義偉官房長官は29日の記者会見で、韓国・ソウル市鍾路区が日本大使館前に置かれた従軍慰安婦問題を象徴する少女像を「公共造形物」に指定したことを「わが国の立場と相いれず、極めて遺憾だ」と批判した。こうした日本政府の立場を韓国側に「強く申し入れた」と説明した。

 同時に、少女像の設置は、外交公館の品位保護を義務づけた「外交関係に関するウィーン条約」に照らし問題だと指摘。慰安婦問題の最終的解決を確認した2015年の日韓両政府による合意について「着実に実行に移すよう求めたい」とした。

Read more