北朝鮮団体、トランプ氏に対する全世界の呪いを盛り込んだ白書

 北朝鮮の対韓国宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会(平和擁護委)は29日、朝鮮民族と人類の頭上に核災難を浴びせかけようと狂奔するトランプに対する全世界の呪いと糾弾世論を盛り込んだ白書を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

 白書は、「先日、米大統領のトランプは国連舞台でわが共和国の最高の尊厳を冒とくして国家の存在自体を否定し、数千万の朝鮮人民を絶滅させるという前代未聞の反人倫的な狂人のほらを吹いて千万軍民のこみ上げる憎悪と憤激をかき立て、全世界を驚愕させた」と指摘した。

 また、トランプ氏が米国内外から「国連を戦争威嚇の舞台につくった妄言」「最も凶悪な演説」「ならず者」「狂人」「夢遊病患者」「21世紀のヒトラー」「悪の帝国のごろつき頭目」「初歩も知らない政治門外漢」「没落を招く特等馬鹿」「治癒不能の精神病者」と糾弾、揶揄、嘲笑されていると述べた。

 つづけて、「時と場所、相手を区分できずにむやみに吠え立てる老いぼれ狂犬、この世を汚し、人類を核災難の中に追い込むならず者であるトランプは一日も早く取り除くべき禍根の種である」と強調した。

 その上で、「わが共和国とわが人民に宣戦布告同様の妄言を吐いてあえて挑戦した老いぼれ狂人のトランプと悪魔の帝国である米国は、世界を驚愕させた罪悪に対して必ず高価な代償を払うことになるであろう」と主張した。