“疑惑のデパート”武藤氏が不出馬「疑念を払拭するのは困難」

武藤貴也氏

 知人との金銭トラブルや未成年買春疑惑などが報じられ、2015年に自民党を離党した武藤貴也前衆院議員(38)が5日、次期衆院選で滋賀4区からの出馬を断念した。

 武藤氏は記者会見で、不出馬の理由を「トラブルに関する疑念を払拭するのは困難だと感じた。復党願を出したが認められず、出馬しないように言われた」と説明した。

 解散当日、夕刊フジに「批判もあったが、『がんばってくれ』『出てくれ』という声もあった」と述べ、無所属での出馬を模索していた。

Read more