記事詳細

若者は「野党の嘘」や「偏向メディア」に騙されない 始まった日本人の正常化 (1/2ページ)

 参院選が終わった。18歳と19歳に選挙権が与えられた最初の国政選挙だった。共同通信社の出口調査によると、自民党に投票した10代の割合は40・0%と、全世代の38・2%よりも高い。他方、民進党に投票した10代は19・2%で、全世代の20・4%よりも低かった。

 さらに、20代の43・2%、30代の40・9%が自民党に投票したという。若い世代はテレビや新聞などの既存メディアよりも、SNSやネットを通じて多角的な情報を集めている。だから野党の嘘や無責任さを簡単に見抜いて、現実路線の自民党に投票したのだろう。

 若者の「右傾化」を危惧する人がいるが、戦後の日教組教育と偏ったメディア報道は、日本人の大半を、ノンポリにも劣る「無自覚サヨク」と「憲法改正アレルギー」に染めた。情報に敏感な若い世代から日本人の「正常化」が始まっただけだ。

 既存メディアは相変わらず学生グループ「SEALDs(シールズ)」が若者代表であるかのように報じていた。しかし、今回の結果でシールズは若者の中の少数派に過ぎないと証明された。同時に、メディアの嘘と偏向報道ぶりもバレた。

 創設メンバーの奥田愛基氏はシールズを8月15日に解散すると発表した。私は「解散する前に『戦争反対デモ』を一緒にやらないか?」とフェイスブックとツイッターで呼びかけている。場所は国会前ではなく、中華人民共和国(PRC)の大使館前だ。今のところ返事はない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう