記事詳細

都市型大規模災害と戦い抜いた自衛隊 世界各国が認める「HADR」対処能力 (1/2ページ)

 軍隊が持つ統率力や装備・資機材は災害時に大いに役に立つ。こうした、「軍隊による人道支援・災害救援」を、英語表記の頭文字を取って「HADR」と呼ぶ。

 日本人は、東日本大震災でこれを実体験した。自衛隊は「都市型大規模災害と戦い抜いた世界唯一の組織」といえる。世界各国は、日本のHADR対処能力の高さを認め、そのノウハウを手に入れたいと考えた。

 そこで、ハワイ周辺海域などで行われる環太平洋合同演習「リムパック」にもHADR訓練が盛り込まれた。現在実施中の「リムパック16」では、海上自衛隊が指揮を執り、米国を含む5カ国をまとめ上げた。

 訓練は、架空の国「グリフォン国」でマグニチュード7・9の大地震が発生したという想定だ。同国が国連に支援を要請し、多国間HADRオペレーションが行われた。

 日本が指揮を執るのは前回に続き2回目で、今回は日米幹部が初めて共同作業を行った。国連や他国政府機関、民間企業とも連携した。日本の外務省やJICA(国際協力機構)も参加した。

 13日の訓練では、震災対処演習に加え、グリフォン国内で交通事故が発生し、多数の重軽傷者が発生したという想定も用意された。国内の病院がほぼ機能していないため、洋上の海自ヘリコプター搭載型護衛艦「ひゅうが」に、負傷者がヘリコプターで運ばれた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう