記事詳細

「むらさめ型」護衛艦 対空・対艦・対潜あらゆる海戦に対応 (1/2ページ)

 アフリカ東海岸に面するジブチ共和国。日本を遠く離れたこの地には、自衛隊唯一の海外拠点がある。ソマリア沖の通称「アフリカの角」と呼ばれるエリアで多発する海賊事案に対処するため、防衛省は海上、陸上自衛隊を派遣している。

 ここを通るタンカーなどの民間船舶は、数隻で連なってIRTC(海の上の安全回廊)を通過することになっている。各国から派遣されてきた海賊対処部隊が、その船団の周囲を警戒する。

 海自については、船団の前後を護衛艦で挟み、上空から哨戒機が警戒飛行を実施し、護衛に当たっている。陸自については、活動拠点の警備を担当している。

 船団護衛に主として当たっているのが汎用(はんよう)型護衛艦である。世界的に見ると駆逐艦に相当するため、艦種記号はDestroyerを略したDDと記す。

 DDの中でも中核となっているのが、「むらさめ」型だ。

 1996年3月に「むらさめ」が就役して以降、2002年までにトータル9隻も大量生産された。すべて「雨」の名前が付けられている。

 汎用型護衛艦とは、対空・対艦・対潜とあらゆる海戦に対応でき、ヘリ運用能力を持つマルチプレーヤーである。「むらさめ」型からステルス性能も向上させた。

 基準排水量4550トンと余裕のある船体を持ちながら、オート化が図られ、乗員数が少なく抑えられているのも特徴だ。これまでのDDの居住区画は3段ベッドだったが、「むらさめ」型から2段ベッドとなり居住性も向上した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう