記事詳細

韓国でこれから何が起こるか 4・16大統領選告示前に米軍による北先制攻撃も (1/2ページ)

 韓国で朴槿恵(パク・クネ)氏が大統領を罷免されて失職、検察の捜査も続いている。サムスングループの実質的経営トップも逮捕される事態となっているが、今後の韓国の政治や経済にどのような影響が出るのか。

 韓国の次期大統領選は4月16日の告示、5月9日の投開票に決まった。与党では、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相が不出馬を宣言した。朴氏の後継者と目されていた潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長もすでに不出馬宣言しており、主要な保守系候補がいなくなった。

 一方、最大野党「共に民主党」では、文在寅(ムン・ジェイン)前代表、安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道知事、李在明(イ・ジェミョン)城南市長が立候補を表明している。「共に民主党」では公認候補を選ぶ予備選に向けた討論会を開くなど選挙戦は事実上始まっており、4月3日に党の公認候補を選出するという予定だ。

 「共に民主党」は、誰が候補になっても、「親北」「超反日」になるとみられる。慰安婦に関する日韓合意についても無効を訴えており、日韓関係は朴政権当時よりもうまくいかなくなるのだろう。

 米国との関係についても、同党は朴政権の姿勢を批判してきた経緯もあって、ぎくしゃくしそうだ。場合によっては、在韓米軍の撤退を要求することにもなりかねない。

 こうした政権が誕生する可能性が高いということは、近い将来、朝鮮半島のパワーバランスが崩れる可能性を示唆している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう