記事詳細

【日本を守る】北の導火線のカギ握る“鷲”と“龍”の動向 米軍事攻撃なら日韓は戦火に包まれる (1/2ページ)

★(1)

 米国鷲と中国龍が4月6、7日に、米フロリダ州にあるドナルド・トランプ大統領の別荘で対決した。

 核の牙を磨ぐ北朝鮮と、翌月の3日に平和憲法70周年記念日を迎える日本と、その6日後に「親北か」「親米か」を選ぶ大統領選が迫る韓国が脇役として、舞台裏に控えていた。

 初日の午後8時40分(フロリダ時間)に、地中海に浮かぶ米軍の駆逐艦から、ミサイルがシリア空軍基地に撃ち込まれた。

 フロリダでは、トランプ氏と習近平国家主席が、シャンパンソース添え舌平目(シタビラメ)と、ニューヨークカットのステーキを頬張って、デザートが配られているところだった。トランプ氏が、習氏に、シリアへミサイル攻撃を加えたと告げて、支持するように求めた。

 習氏はその時、一瞬、呆然(ぼうぜん)としたが、「多くの赤ん坊が殺されたから、仕方がない」と力なく、つぶやいた。習氏に随行した幹部のうち何人か、あぜんとしたに違いない。

 この数時間後、ロシアが米国のシリアに対するミサイル攻撃は侵略行為だと、激しく非難した。

 中国は2カ月前に国連安保理事会で、シリアのアサド政権が2013年から市民に対して、化学兵器を用いたという化学兵器禁止機関(OPCW)の調査結果にもとづいて、シリアへ制裁を加える決議案が提出されたのを、ロシアとともに拒否権を行使して、葬ったばかりだった。

 習氏は自分と、ロシアのプーチン大統領の顔に泥を塗ったのだった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう