記事詳細

神戸山口組から新組織『任侠団体山口組』 捜査幹部「内紛の可能性も捨てきれない」

 指定暴力団神戸山口組(兵庫県淡路市)から離脱した一部の直系団体の幹部らが30日、新組織「任侠団体山口組」を発足させたことが分かった。離脱した「古川組」(同県尼崎市)の組事務所で同日午後に結成式が開かれた後、幹部らが会見して明らかにした。神戸山口組や中核組織「山健組」(神戸市中央区)の組織運営や金銭に関する不満を挙げており、兵庫県警が情報収集と実態解明を急いでいる。

 関係者によると、新組織には、神戸山口組の直系団体「真鍋組」(尼崎市)と古川組などのほか、山健組の傘下団体のうち約30団体が参加したとみられる。

 新組織では組長を置かず、神戸山口組直系組長でもあった山健組の織田絆誠(よしのり)・元副組長(50)=絶縁=が代表、真鍋組組長(50)=同=が本部長を務める。拠点は決まっていないという。

 県警の捜査幹部は「組織内人事などが発端になった内紛の可能性も捨てきれず、新組織を名乗っても分裂といえるかどうか事態を見極める必要がある」と指摘。警察当局が新組織発足を神戸山口組の分裂と判断するかどうかは不透明な状況で、分裂とみなした場合、新組織は新たに暴力団対策法に基づく指定暴力団となるまでの間、組事務所の使用制限などの規制の対象から外れることになる。

 神戸山口組は平成27年8月に指定暴力団山口組(神戸市灘区)から分裂して発足。両団体は対立抗争状態にあり、県警は新組織の発足が新たな抗争につながる恐れがあるとして警戒を強めている。

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう