記事詳細

トランプ氏「私は捜査対象か」 解任FBI長官に3度確認、圧力と批判の声

 トランプ米大統領は11日、NBCテレビのインタビューで、連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任する前、FBIがトランプ氏を捜査対象としていないか3回にわたってコミー氏に確認したと明らかにした。昨年の大統領選干渉疑惑での潔白を強調したかったとみられるが、大統領による捜査機関トップへの圧力として批判の声が出ている。

 トランプ氏はまた、コミー氏について「目立ちたがり屋で、派手なことをしたがる。FBIは混乱していた」と批判し解任を正当化した。ホワイトハウスは、クリントン元国務長官のメール問題の捜査に絡む不手際を解任理由としたが、大統領選干渉疑惑に絡みロシアとトランプ氏周辺の不透明な関係を調べているFBIの捜査を妨害する狙いではないかと疑う声が強まっている。

 コミー氏とのやりとりについてトランプ氏は確認のうち1回はコミー氏と夕食中に、残り2回は電話で行ったと説明。トランプ氏が「できれば教えてほしい。私は捜査されているのか」と質問すると、コミー氏は「捜査対象ではありません」と答えたという。 (共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう