記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「縁」》チケット不調、予算不足、THAAAD問題…平昌五輪に暗雲 (1/2ページ)

 開幕まで300日を切った平昌五輪に暗雲が立ちこめている。世論調査では五輪への関心の低さが目立ち、チケット販売も低調という。大企業を中心とした後援支援金の集まりも鈍く、予算不足も取り沙汰される。在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備をめぐり、韓国への報復行為を続ける中国との“因縁”がどう動くかも、今後を占う要素となりそうだ。

 韓国の文化体育観光部が3月に実施した世論調査の結果は、衝撃的なものだった。

 韓国メディアによると、平昌五輪への関心度は35・6%の超低水準となったほか、「競技会場で観戦する」との回答者が9・2%にとどまったのだ。

 「テレビで観戦する」と答えた人は84・8%にのぼり、韓国国民の“冷めた空気”を感じさせた。

 韓国の五輪組織委員会は五輪期間中にチケット118万枚の90%に当たる107万枚を販売し、1746億ウォン(約174億円)の売り上げを想定。国内で70%の販売を見込んでいるとされるが、目標達成は現時点では「不透明」というしかない。

 実際、チケットの売り上げは芳しくないようだ。

 AFP(電子版)は今月9日、平昌五輪のチケット販売が第1段階の目標値(60万枚)を下回り、実際に申し込みがあったのは38万件にとどまっていると報道。韓国が得意とするスピードスケートやフィギュアスケートに人気が集中していると伝えた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう