記事詳細

「根っからのワル」福岡・金塊強奪犯、主犯格の悪事と豪遊ぶり 山口組直系組織「後ろ盾」に (1/2ページ)

 福岡市で昨年7月、警察官を装った男らに約7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡、愛知両県警に主犯格として逮捕された野口和樹容疑者(42)は、少年時代から犯罪を繰り返してきた根っからのワルだった。数度にわたる服役後も名古屋市を拠点に活動する半グレ集団のリーダー格となり、指定暴力団山口組の直系組織を後ろ盾に悪事と豪遊を繰り返していたという。

 海上のクルーザーやパーティー会場で、仲間たちとポーズを決める入れ墨の男。野口容疑者のものとみられるフェイスブックに公開されている画像はその豪遊ぶりをうかがわせている。

 捜査関係者によると、野口容疑者は名古屋市を拠点にする半グレ集団のリーダー格。山口組の直系組織で、篠田建市6代目組長の出身母体である弘道会に出入りしていたこともあり、昨年7月の事件以降は東京都内などで高級外車を乗り回し、豪遊する姿が目撃されていたという。

 「根っからのワルで、少年時代から事件を起こし、少年刑務所に服役していた。職業訓練所でもリーダー的な存在になり、他の服役囚に声をかけて仲間を増やしていた。制約を受けて動きづらくなるので、組には入らずに後ろ盾にして利用していた。言うことを何でも聞く仲間が数十人はいるのではないか」(暴力団関係者)

 出所後には今回の事件で指名手配されている実兄の直樹容疑者(43)ら6人と名古屋を拠点に高級自動車窃盗団を結成。盗んだ車を暴力団関係者や麻薬密売のイラン人らに売りさばいていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう