記事詳細

任侠山口組は「自滅する」 神戸上層部関係者を直撃、「ヤクザではない」完全無視宣言 (1/2ページ)

 指定暴力団神戸山口組から一部幹部らが離脱し、新組織「任侠団体山口組」の結成を表明してから30日で1カ月を迎えた。かつての山口組は3組織に割れ、警察当局は新たな抗争に発展する可能性もあるとみて警戒を強めているが、神戸山口組上層部に近い関係者を直撃すると「あいつらはヤクザではなく、相手にしていない。3年ももたず、自滅するだろう」と完全無視宣言が飛び出したのだった。

 「そもそもの原因は織田の得手勝手にある。山健組の5代目組長争いに敗れて飛び出したことに過ぎない」

 神戸山口組上層部に近い関係者は夕刊フジの取材にこう切り出した。

 「織田」とは神戸山口組の若頭代行で、神戸山口組の井上邦雄組長(68)がトップを兼ねる中核組織・山健組の織田絆誠(よしのり)・元副組長(50)を指す。4月30日、神戸山口組若頭補佐で池田幸治・真鍋組長(50)らと離脱し、新組織を結成。代表の座についたのは記憶に新しい。

 関係者によると、山健組では、織田元副組長の離脱直前に中田広志若頭代行がナンバー2の若頭に昇格する人事が内定しており、織田元副組長が井上組長の跡目である5代目組長争いに敗れたことで組織を飛び出したという。

 関係者は続ける。「いわば人間性の問題。織田は口が上手で、勝手に派閥を作ったりしていた。井上親分にもかわいがられていたが、結局は跡目を継ぐだけの器量がなかったということ。それで前日の4月29日には親睦会名目で神戸山口組の直参(直系組長)を集めて『あしたから代紋違うからな。(神戸山口組の)執行部の大半もこちら側』などと演説していたそうだ。まんまとだまされて、結成式に参加した直参もいた。義理も礼節もない男だ」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう