記事詳細

トランプ氏「パリ協定離脱」報道に批判電話、数時間で1万件超

 地球温暖化対策の新枠組み「パリ協定」からの離脱を決めたと報じられたトランプ米大統領は5月31日、「(決断は)もうすぐだ。両方の立場から多くの人たちの話を聞いている」と述べ、明言を避けた。訪米したベトナムのグエン・スアン・フック首相と会談後の記者会見で質問に答えた。

 スパイサー大統領報道官も同日、記者団に「(トランプ氏が)決断を下したかどうか知らない。近く表明するだろう」とだけ述べた。

 パリ協定推進派は懸念を強めており、米環境保団体シエラクラブは「歴史的な過ち」と批判し、翻意を促す電話をホワイトハウスにするよう呼び掛けた。数時間で電話は1万件を超えたという。 (共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう