記事詳細

【北朝鮮見本市】中国側からも見える、いびつな社会構造の象徴「普天堡戦闘勝利記念塔」

 朝鮮半島の日本統治時代、抗日運動を展開していた故・金日成主席が1937年6月4日、現在の中国との国境沿いにある普天堡(ポチョンボ)で、日本の駐在所や郵便局を襲撃した普天堡戦闘から80周年を迎えた。

 朝鮮人が多く住む小さな集落に火を放ち、2歳の幼子に銃弾を浴びせるという当時の日本当局にとって卑劣なテロ行為ゆえ、首謀者の金氏には多額の賞金首となった。一方、北朝鮮の官製メディアは「革命偉業」として各地の記念行事を報道。80周年記念の切手シートまで発売した。

 現在、両江道・恵山市には普天堡戦闘勝利記念塔という、どデカいモニュメントが建ち、中国側からもウオッチすることができる。

 夜になると電力不足で街中が真っ暗となる中、記念塔だけは強力なサーチライトで昼間のように照らし出している。いびつな社会構造を象徴する迷所といえよう。 (北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう