記事詳細

神戸山口組組長の関係先で弾痕か 組員出入りの建物に4、5カ所の穴

 兵庫県警暴力団対策課は20日、指定暴力団神戸山口組組長、井上邦雄容疑者(68)=京都府警が傷害容疑などで逮捕=の同県稲美町にある関係先の建物で、数カ所の弾痕のような穴を見つけたと明らかにした。県警は何者かが銃弾を撃ち込んだとみて、建造物損壊と銃刀法違反の容疑で捜査。背景を慎重に調べている。

 捜査関係者によると、穴が見つかった建物は井上容疑者の別宅に隣接し組員が出入りしている。通報を受けて、県警が20日に調べたところ、屋根のひさしやコンクリート塀、鉄製門扉に4、5カ所の穴が見つかった。発砲の時期は不明でけが人もいない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう