記事詳細

北朝鮮外務省が公式ホームページを開設

 北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、北朝鮮外務省が公式ホームページ(www.mfa.gov.kp)を開設したと伝えた。北朝鮮の行政機関がホームページを開設するのは異例。

 ホームページでは朝鮮語と英語で、外務省の機構や活動内容が紹介されている。それによると、外務省は11の専門局からなり、傘下に3つの研究所があることがわかる。

 専門局の内訳は次のとおりになっている。

 日本と中国、モンゴルを担当するアジア1局、そのほかのアジア諸国とオセアニア諸国を担うアジア2局、ロシアと旧ソ連を構成していた国々を担当する欧州1局、そのほかの欧州諸国を担う欧州2局、米国とカナダを担当する北米局、アフリカ・アラブ・ラテンアメリカ局、報道局、領事局、条約法規局、儀礼局、国際機構局--。

 傘下の研究所には、軍縮平和研究所、米国研究所、日本研究所がある。

 日本研究所の紹介文によれば、「双務的に提起される歴史問題、領土問題、懸案問題とともに日本の政治、経済、軍事、外交、文化など様々な分野についての研究を行う」という。

 朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

 

 朝鮮外務省ホームページを開設

 【平壌6月22日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省ホームページが開設された。

 ホームページのアドレスは、http://www.mfa.gov.kp

 ホームページは、共和国の対外関係と外交政策に対する理解を図り、自主、平和、親善の理念に従って朝鮮と世界各国間の善隣・友好、親善・協力の関係を拡大、発展させるのに寄与するであろう。---

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース