記事詳細

文大統領、また大嘘垂れ流し 自国の合意不備棚上げ、慰安婦問題で「日本は努力不足」

 「反日活動」に邁進(まいしん)する韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がまた、国際社会にウソを垂れ流した。ロイター通信のインタビューに対し、慰安婦問題を含む歴史問題で日本は努力不足だと指摘したのだ。問題解決に取り組もうとしないのは韓国のほうなのだが、文氏に日本を認める気はさらさらないということだろう。国際社会に誤解を与えないよう、日本政府は断固抗議すべきだ。

 「慰安婦問題を含む2国間の歴史問題解決のため、日本は最善の努力をしていない」

 インタビューでそう述べた文氏は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した2015年の日韓合意についても「多くの韓国人が受け入れていない」と、これまでと同様の主張を繰り返した。ふざけるな、としかいいようがない。

 日韓合意後の両国の行動を見れば、努力をしていないのは韓国であることがよく分かる。

 合意に基づき、日本政府は、元慰安婦の支援を目的につくられた財団に10億円を拠出した。ところが、韓国はソウルの日本大使館前の慰安婦像を撤去しないばかりか、昨年末には釜山の日本総領事館前に新たな慰安婦像の設置を許したのだ。慰安婦像について「適切に解決されるよう努力する」という合意に違反しているのは明白だろう。

 こうした経緯を文氏が知らないはずがない。それにもかかわらず、ウソを国際社会に広めようとしているのだ。ロイター通信のインタビューで、文氏は「日本は戦時の歴史問題(の責任)を完全に認めることを拒否しており、軍備支出が拡大していることも懸念される」とも述べ、批判的な見解を示した。

 いい加減な主張を繰り返す文氏を黙らせるため、日本の毅然(きぜん)とした行動が必要だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース