記事詳細

韓国赤っ恥!五輪共催に北「少し遅い」「スポーツの上に政治がある」と拒否 候補地スキー場では死亡事故も (1/3ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がぶち上げた2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪の南北共催について、人命にかかわる危険性が指摘されている。北朝鮮での候補地として挙げられた馬息嶺(マシクリョン)スキー場付近では、14年に30人が死亡する事故が起きたという情報があるのだ。当の北朝鮮側にまで「少し遅い」と批判されるなどハシゴを外された文政権だが、それでも無謀な共催へ突き進むのか。

 馬息嶺スキー場で事故があったとの情報を明らかにしたのは、北朝鮮の不正行為の告発を続けている「アジア調査機構」の加藤健代表だ。

 加藤氏によると、事故が起きたのは14年1月19日。スキー場に招待された平壌(ピョンヤン)の青年労働者を乗せたバスが途中で事故に遭い、救援を受けられないまま30人が死亡したという。

 このスキー場は工事中にも事故があったと報じられた。13年に北朝鮮を襲った豪雨で工事現場が破壊され、多数の死傷者が出たとされる。

 馬息嶺スキー場は、北朝鮮の最高権力者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の肝いりで建設が進められた。朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は「銃弾、砲弾を作って前線に送る心情で鋼材やセメントなどの資材生産を進め、馬息嶺地区に優先的に送るべきだ」との社説を掲載したほどだ。完成後には正恩氏が視察に訪れたと朝鮮中央通信が報じている。

 正恩氏の強い意向が働いているだけに、建設にはかなり無理をしたようだ。スキー場には、国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が禁じられたぜいたく品が使用されている疑いも持たれている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース