記事詳細

戦略特区活用で「岩盤規制改革推進を」 関係首長らが緊急提言

 国家戦略特区諮問会議の民間議員や特区指定を受けた地方自治体の首長らが26日、内閣府を訪れ、山本幸三地方創生担当相に国家戦略特区を活用した規制改革のさらなる推進を求める緊急提言を手渡した。「加計学園」問題をめぐり野党や一部メディアが批判を強めるなか、「岩盤規制改革が一歩たりとも停滞すべきでない」と訴えた。

 緊急提言の提出後、民間議員や首長らは記者会見に応じた。

 民間議員を務める竹中平蔵東洋大学教授は「(前川氏の主張には)最初から最後まで違和感がある」「(文科省側が)52年間も獣医学部の設置申請さえも認めず行政をゆがめてきた。それを国家戦略特区という枠組みで正した」と語った。

 福岡市の高島宗一郎市長は「特区はこれまで突破できなかった規制を打ち破る手段として有効だ」と発言。神奈川県の黒岩祐治知事も「(獣医学部新設の)過程に焦点が当たり、議論が矮小化されている」と語気を強めた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース