記事詳細

政権交代で食文化が変わる 文在寅政権はオデン・ブームか (1/2ページ)

 韓国では、トップの大統領が変わると、経済政策から外交政策までガラリと変わる。さらに、在韓歴40年の黒田勝弘氏によれば、「韓国の食文化は、時の大統領の影響を大きく受けてきた」という。

* * *

 韓国では昔は牛肉や豚肉を1斤(600グラム)単位の塊で売っていた。鶏も1羽まるまるだった。これは、肉食が基本的には皆で食べる贅沢なイベント食であったことを意味する。

 塊だから肉切り包丁がいる。古老から聞いた話では、以前、ソウルのそれなりの家庭には刃が三日月風に丸く湾曲した肉切り包丁があったという。それを見かけなくなったのは1970年代以降で、これは政権の交代と大いに関係がある。

 1960年代までのソウルは初代大統領の李承晩をはじめ北朝鮮出身の要人が多く、魚食より肉食が中心だった。ところが1963年に慶尚北道出身の朴正煕が大統領になり、高度経済成長が始まった。

 1970年代以降、韓国南部の慶尚道出身者がソウルで羽振りをきかすようになり、首都の食文化に魚食が広がったのだ。政権とともに食文化も変わる!

 この魚食拡大の流れはその後も続き、とくに1990年代以降、ソウルでは“肉離れ”が進んだ。これは朴正煕、全斗煥、盧泰愚という慶尚道系の軍人政権の後、いわゆる民主化時代以降も金泳三(慶尚南道)、金大中(全羅南道)、盧武鉉(慶尚南道)、李明博(慶尚北道)、朴槿恵(同)と、保革、左右に関係なく南部の魚食文化圏の出身者が政権の中枢に座ったからだ。

 最も思い出深いのが金泳三。彼の実家は煮干用のイワシ漁の網元で、在任中には盆暮れに外国人記者にも煮干がよく贈られた。

 それまでソウルではうどんをはじめ汁物は伝統的には肉ダシだったが、金泳三以降、煮干ダシが広がった。彼の好物は煮干ダシの「カルククス(煮込みうどん)」で、日本人記者も大統領官邸で昼食によばれた。ただ、韓国人は「カルククス」だけでは文字通り(?)「軽く」て食った気がせず、帰りに焼き肉屋に立ち寄っていた。

 金大中の故郷(木浦)は韓国を代表する“嫌悪食品”の「ホンオフェ」が名物である。魚のエイ(ホンオ)を腐らせ醗酵させたもので、汲み取り式トイレのような強烈なアンモニア臭がする。地元では冠婚葬祭の祝い食の定番だが、それが金大中政権以降、首都で需要が広がり全国区になった。

 しかし、本人は「食は補薬(体力を補う漢方の一種)」がモットーの健啖家で、日本人記者へのおごりはいつも大好きな中華料理だった。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース