記事詳細

トランプ氏、韓国冷遇…文氏が親米アピールも温度差 北問題などで「圧力かける」 (2/2ページ)

 文氏は朝鮮戦争で戦死した米海兵らの慰霊碑を訪れ、米韓の絆の深さを強調した。聯合ニュースによると、文氏は「米海兵らは知らない国のために崇高な犠牲を払った」と謝意を示した。

 一方、THAAD配備に反対する中国の圧力も強い。7月の開催が見込まれていた日中韓3カ国首脳会談が、中国側の難色で見送りとなった。

 東亜日報は30日、外交筋の話として、中国の王毅外相が28日に、文氏の対中特使だった李海チャン元首相と秘密裏に会い、THAAD配備決定の完全撤回を強く迫ったと伝えた。

 米中に板挟みの文氏が八つ当たりで、さらなる「反日行動」に出ないか心配だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース