記事詳細

【週間ランキング6月25日~7月1日】平昌五輪“南北合同チーム構想”、慰安婦問題…暴走する文政権に注目集まる

 先週のトップは「【米中激戦!】『韓国消滅』への道 米国民の感情を逆なで、米中対決時代に親中的路線へ進む文政権」でした。「親北朝鮮色」が極めて濃厚な

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領。続く2、3位にも文大統領関連のニュースがランクイン。平昌五輪での“南北合同チーム構想”や慰安婦問題など、暴走する文政権にますます注目が集まりそうです。

 1位 【米中激戦!】「韓国消滅」への道 米国民の感情を逆なで、米中対決時代に親中的路線へ進む文政権

 2位 トランプ氏、裏切り韓国に罵声「恩知らず!」 大学生「拷問死」に全米激怒、「日米韓の拉致被害者奪還作戦」検討も

 3位 ついに本音解禁した文在寅大統領 韓国、慰安婦問題で対日交渉過程の検証開始

 4位 「このハゲ!」離党で済まない豊田議員 傷害・脅迫罪も、高橋弁護士「示談なければ刑事処分」

 5位 残虐すぎて映画化できなかった問題作「クロス」 加害者側の内面を丹念に描く

 6位 悪質さ増す日本メディアの世論誘導 信じる人はもはや絶滅危惧種

 7位 ヌードモデル体験、ヌード撮影会… 高齢期の生と性をデザインする

 8位 “暴言”豊田議員に勝るとも劣らない芸能界パワハラ事情 しゃれにならなかった俳優も

 9位 クネ女王、ナッツ姫、ユン・ソナ…謝罪しない韓国人 「水に落ちた犬」は容赦なく追撃の愚

 10位 のぞみん、180度開脚で妄想かき立てるファン かつては床上手との噂も…

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう