記事詳細

「慰安婦謝罪碑」訂正男性 8回の下見~実行までの一部始終 (1/2ページ)

 「韓国警察が来いというのだから行きます。逮捕は望むところ。裁判で“吉田証言”の嘘を主張する」

 6月24日、那覇空港の国際線ターミナルでそう言い残して、男性はソウル行きの飛行機に乗り込んだ。前日に散髪したばかりのさっぱりした姿に、手荷物は小さなキャリーバッグひとつ。「気をつけて」との見送りの声に「へっへっへ」と笑って返す様子からは、数時間後に手錠をかけられるという悲壮感は全く感じられなかった--。

 男性は那覇市在住の元海上自衛官・奥茂治氏(69)。ソウルの仁川空港に到着後、“予定通りに”待ち構えていた警察官らに逮捕された。容疑は公用物損壊と不法侵入。今年3月20日深夜に、韓国中部・天安市の国立墓地「望郷の丘」に立ち入り、石碑の碑文を無断で書き換えた行為が罪状となった。

 この石碑は吉田清治(故人)という日本人が1983年に寄贈したものだった。

 吉田氏は、「済州島で韓国人女性を慰安婦として強制連行した」という証言を繰り返し、それを1980年代~1990年代初頭にかけて朝日新聞が集中的に取り上げたことで、今に続く慰安婦問題のきっかけを作った“吉田証言”の主である。

 ちょうどその頃、吉田氏は「望郷の丘」に謝罪碑を建立。碑の除幕式では「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行され……(以下略)」と書かれた碑文を読み上げ、式典参加者らの前で土下座した。

 しかし、その後、吉田氏の一連の証言が虚偽であることが次々と指摘される。そしてついに2014年8月、吉田証言を何度も掲載していた朝日新聞も検証記事で〈裏付け得られず虚偽と判断〉と結論づけ、18本の関連記事を取り消した。

 ◆「任務完了!」

 そして奥氏の手によって「望郷の丘」謝罪碑にも“訂正”が入った。奥氏に依頼したのは他でもない吉田氏の長男だった。長男は父親の虚言によって慰安婦問題が日韓関係のトゲのようになったことを憂い、親交のあった奥氏に碑の撤去を頼んだのだという。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース