記事詳細

安倍首相“不信感”払拭できるか 「加計問題」閉会中審査で前川氏招致、G20では北への圧力強化呼びかけ (1/2ページ)

 安倍晋三首相は5日午後、G20(20カ国・地域)首脳会議が開かれるドイツなど欧州6カ国を歴訪するため、政府専用機で羽田空港を出発。北朝鮮が4日、ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射したことを受け、ドナルド・トランプ米大統領や、ロシアのプーチン大統領らと会談し、圧力強化を直接呼びかける。外遊中に、「加計学園」問題をめぐる、前川喜平前文科事務次官の参考人招致が行われるが、12日の帰国後、国民の不信感を払拭する真摯(しんし)な対応も求められそうだ。

 「(ミサイル発射は)度重なる国際社会の警告を無視するものだ」「G20には世界の首脳、リーダーたちが集まる。この場を活用して、北朝鮮に対する国際社会の連携を強く訴えていきたい」

 安倍首相は4日、官邸で記者団にこう語った。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の暴走は、もはや「世界の脅威」といえる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース