記事詳細

【漂流本線日本海】呼称問題への挑戦状!? 迷惑千万な“デカいもの”

 韓国政府や民間団体が、日本海を東海(トンヘ)と呼ぶ運動を内外で展開している。

 目に余るインチキ呼称が広がっているため、日本の外務省は5月から在外公館のホームページで「東海」表記の地図や刊行物の情報提供を呼び掛けている。

 そんななか、日本海沿岸には巨大な発泡スチロールが漂流してきた。自然界では分解されず、燃やすと有毒ガスが出る。珍しいものではなく、1年中、断続的に漂流してくる。

 そのなかに、かなりデカいサイズのものがあり、ハングルで「東海」と殴り書きされていた。呼称問題に対する日本への挑戦状なのか。韓国の日本海沿岸に東海市があり、関係がありそうだが、いずれにせよ迷惑千万な漂流物に間違いない。 (金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース