記事詳細

蓮舫代表、安倍首相の「こんな人に負けるわけには」発言に「レッテル貼り行為」と批判

 民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、安倍晋三首相が東京都議選の街頭演説でヤジを飛ばされ「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことについて「自分にいい人は味方、悪い人は敵とレッテル貼りする行為だ」と批判し、安倍首相に発言の訂正と謝罪を求める考えを示した。

 蓮舫氏は議員生活を振り返り「私もチラシを目の前で捨てられ、暴言を浴びたことがある」と述べた。その上で「自分に対していろいろな意見を持っている人に向き合うのは政治家の仕事だ」と強調した。

 一方で、聴衆の一部が安倍首相に「辞めろ」「帰れ」などとシュプレヒコールをあげて、演説が聞き取りづらくなったことに関しては「妨害行為はあってはならない」と指摘した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう