記事詳細

北メディア、韓国「世論欺まん行為」

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、韓国・文在寅政権が進める南北対話路線を非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

 論説は、韓国政府に対して「北南関係の改善に関心があるかのように恩着せがましく振る舞っているが、それは明白に世論欺まん行為だ」と強調した。

 文政権の対話路線は、北朝鮮が4日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行ったことで早くも試練を迎えているが、北朝鮮から一蹴された形だ。

 さらに論説は、「南朝鮮当局がわれわれを『最大に圧迫』して『対話へ誘導』するというのは対話の相手に対する挑発、冒とくの極致として、『対決のある対話』を唱えながら北南関係の破壊に血眼になって狂奔した朴槿恵逆徒の妄動と決して異ならない」と主張した。

 そのうえで、「米国の反共和国制裁圧殺策動とそれに積極的に追従する南朝鮮当局の対米屈従政策が持続する中で、北南間に解決されるものは何もないであろう」と強調した。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース