記事詳細

稲田防衛相また「ゆるみ」? 九州豪雨特別警戒中、政務三役が40分不在

 稲田朋美防衛相の資質に、また疑問が浮上した。九州豪雨で福岡、大分両県に特別警報が出ていた6日昼、稲田氏と若宮健嗣防衛副大臣、防衛政務官2人の政務三役4人全員が約40分間にわたり防衛省を離れたのだ。自衛隊は当時、約1600人態勢で救助活動などに当たっていた。稲田氏は東京都議選の最中、「自衛隊の政治利用」と受け取れる失言をして批判されたが、「ゆるみ」が続いているのか。

 「政務として、民間の方々との防衛政策に関する勉強会に出席した」

 稲田氏は同日夜、自身の約1時間10分の「不在」について、防衛記者会の質問に文書で答えた。

 危機管理の観点から批判が出ているが、菅義偉官房長官は「大臣を含めて三役はすぐ近くに所在し、秘書官から随時連絡を受けて、速やかに防衛省に戻れる態勢だった。問題があったとは考えていない」と述べた。

 一方、自民党の石破茂元幹事長は「あるまじきことだ。判断をできる者が1人もいないのは恐ろしいことだ。原因を解明し、二度と起こらないようにすべきだ」と語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう