記事詳細

内閣激震!犬猿の菅氏VS麻生氏抗争 「新麻生派」立ち上げで高まる緊張感、共通項は「猛烈な小池嫌い」のみ (1/3ページ)

 安倍晋三政権を支えてきた、麻生太郎副総理兼財務相と、菅義偉官房長官との緊張関係が高まっている。麻生氏は自民党第2派閥となる「新麻生派」を立ち上げ、菅氏はこの動きに「反安倍」の臭いをかぎ取り、強く警戒しているのだ。東京都議選の大惨敗を受け、安倍首相は8月上旬にも内閣改造・党役員人事を断行して政権浮揚を狙うが、「政権の守護神」でありながら「犬猿の仲」とされる2人の対立は、永田町の力学に変化を及ぼしそうだ。

 「事態は極めて深刻な状況だ。警察、消防、自衛隊、海上保安庁等々が一丸となって人命救助に全力を挙げて取り組んでもらいたい」

 麻生氏は6日午前、九州北部での豪雨被害への対応を協議する関係閣僚会議で、こう指示した。安倍首相がドイツでのG20(20カ国・地域)首脳会議出席などで不在のため、麻生氏が臨時代理を務めているのだ。

 一方、菅氏は同日の記者会見で、「政府一体となって人命を第一に被災者の救命・救助、被害情報の把握に全力で取り組む」と強調した。内閣府の先遣チームを福岡、大分両県に派遣し、捜索・救助活動に当たる自衛隊、消防、警察などの増員も発表した。

 安倍首相が12日に帰国後、本格的に着手する内閣改造・党人事で、最も注目すべきは、麻生、菅両氏の処遇だ。

 2人は2012年12月の第2次安倍政権発足後から、文字通り「二人三脚」で内閣を支えてきた。

 ところが、麻生氏と菅氏は昨年春、消費税増税をめぐって「断行」と「先送り」で対立した。その後、麻生氏は「衆参ダブル選で国民の信を問うべきだ」と主張したが、菅氏は断固反対。同年夏の参院選では、菅氏の地元・神奈川選挙区で、麻生氏は党公認候補以外を支援するなど、激しい火花を散らした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース