記事詳細

対立泥沼化も… 自民都連、会長後任人事で早くも“バトル”勃発

 東京都議選で惨敗した自民党都連内で、辞任表明した下村博文会長の後任人事をめぐるバトルが勃発した。小池百合子都知事と対立する内田茂前都連幹事長ら執行部側は丸川珠代五輪相を推すが、非主流派は執行部批判を強め、小池氏に近い鴨下一郎元環境相の名前が浮上しているという。

 次期都連会長には、国政進出が取り沙汰される小池氏との距離感や、都議選で敵対した公明党との関係修復という難しい役回りが待ち受ける。

 執行部が画策する丸川氏は、2020年東京五輪・パラリンピックを所管する女性閣僚として、小池氏が失速した場合の対立軸になり得る。ただ、下村氏と同じ細田派であり、「反省の姿勢」は伝わりづらい。

 一方、鴨下氏はかつて、小池氏と同じ旧日本新党に所属していたことがあり、良好な関係を築いているが安倍晋三首相への対決姿勢を強める石破茂前地方創生担当相の側近。都連内には警戒感がくすぶる。

 折衷案として、平沢勝栄広報本部長や中川雅治参院副会長を推す声もある。

 再出発が求められる都連だが、都連会長選びをめぐり対立が泥沼化する可能性もありそうだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース