記事詳細

「核問題に口出しする資格なし」北朝鮮メディア、韓国大統領を非難 (1/2ページ)

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は9日、韓国の文在寅大統領の初訪米について「事大・屈従と同族対決に塗れた売国訪問」であると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

 論評は、文氏が「歴代かいらい(韓国)大統領の中で最も早く米国に駆け付ける『新記録』を立てた」と指摘。

 その上で、「朝鮮民族を二分して自主統一の道を執ように阻む外部勢力と緊密に共助して、米国の徹底した『承認』の下で北南関係の改善や対話を推し進めると盟約した」として、文氏が結果的に、独自路線よりは米国との協調を選択したことを非難した。

 さらに、「朝鮮半島の核問題の本質も知らず、口出しする資格もない南朝鮮の執権者が、いわゆる『段階的解決法による完全な北の核廃棄』をうんぬんして生意気に振る舞った」などと述べ、核問題で韓国と対話する意思のないことを強調した。

 朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

 「労働新聞」 事大・屈従と同族対決で塗られた南朝鮮執権者の訪米を糾弾

 【平壌7月9日発朝鮮中央通信】9日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、最近にあった南朝鮮現執権者の訪米は事大・屈従と同族対決で塗られた売国訪問であったと暴露した。

 論評は、南朝鮮の現執権者は歴代かいらい大統領の中で最も早く米国に駆け付ける「新記録」を立てたことにも満足せず、上司の忠実な子分と自称してあらゆる醜態を演じることによって、南朝鮮民心の期待を裏切り、世人をあ然とさせたとし、それについて資料を挙げて明らかにした。

 米帝侵略者が自民族と自分の父母と自分の人生に刻み付けた骨身にしみた恨みを絶叫するどころか、むしろ頭を下げて民族分裂の元凶を生の「恩人」として奉った。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース