記事詳細

劉暁波氏、容体さらに悪化か…敗血症性ショックなどを起こしている

 中国当局の監視下で入院し、末期の肝臓がんで危篤状態とされるノーベル平和賞受賞者の民主活動家、劉暁波氏(61)の容体について、入院先の瀋陽市の病院は11日、ウェブサイトで敗血症性ショックなどを起こしていると公表した。容体がさらに悪化した可能性がある。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう