記事詳細

韓国女性家族相の呆れた暴論、ソウル市内に「慰安婦博物館」建設 米ブルックヘブン市議会には「黒い噂」 (1/2ページ)

 ハ~イ! みなさん。

 韓国の女性家族相に就任した鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)氏が、ソウル市内に「日本軍慰安婦博物館」を設立すると語ったと、韓国の新聞社が伝えたようだな。

 ちょっと待てよ? 日本と韓国は2015年、オバマ米政権が仲立ちして、慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決」と合意し、世界に表明したよな。日本は合意に基づき、韓国の慰安婦支援財団に10億円を拠出した。韓国政府は、国内や国際社会で、慰安婦問題を持ち出さないと約束したんじゃなかったのか? 女性家族省は、韓国の政府機関だぜ。

 安倍晋三首相と、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は7日、G20(20カ国・地域)首脳会議が開かれたドイツ・ハンブルクで、初めての首脳会談を行った。両首脳は「シャトル外交」の再開などで一致し、文氏は「(慰安婦問題が)両国の関係発展の障害になってはならない」と言ったそうじゃないか。

 その舌の根も乾かないうちに、女性家族相の発言だ。一体、韓国政府は何を考えているんだ? さすが路上の暴徒が政治を握る国だけあるよな。まったくあきれるぜ! 安倍首相はそろそろ、慰安婦問題は突き放した方がいいと思うな。

 さて、先週のコラムで、米南部ジョージア州ブルックヘブン市に、慰安婦像が設置されたことを報告したが、その市議会に「黒い噂」があるという。米民主党のロン・クリンク元下院議員や、複数のジャーナリストらが以下のように指摘しているんだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう