記事詳細

進次郎氏、官房副長官に大抜擢なら萩生田氏は交代 安倍首相も小泉内閣で“修行” (1/3ページ)

 安倍晋三首相が8月3日に断行する方針を固めた内閣改造・党役員人事で、小泉進次郎衆院議員(36)の起用に期待が高まっている。今回の人事では、東京都議選での自民党惨敗や、内閣支持率の急落を受けて、国民に「反省の姿勢」を示し、内外の課題に迅速かつ謙虚に取り組む布陣を敷けるかが焦点だ。官邸周辺には、進次郎氏を官房副長官に抜擢(ばってき)することで、次世代の斬新な意見と感覚を政権運営に取り入れ、国民目線の発信力を高めるべきだとの声もある。

 「豪雨や土砂災害の現場を目の当たりにし、被害の大きさを再確認した」「(政府が復旧費用を支援する)激甚災害の指定を一刻も早く行いたい。国、自治体が一緒になって最短で作業を進めていく」

 安倍首相は12日、九州北部の豪雨災害で甚大な被害を受けた大分、福岡両県の被災地を視察した後、記者団にこう語った。13日朝時点で、死者は29人、行方不明者は約20人。被災自治体のため、地方交付税の繰り上げ配分を13日に決定する方針も明言した。

 迅速な災害対応と並行して、安倍首相は内閣改造・党役員人事に向けた人選と、身体検査を進めているとみられる。

 現時点で、麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官という「政権の柱」を留任させる方針のため、新たな人材起用で刷新イメージを打ち出せるかが課題となる。

 内閣支持率が危険水域寸前の30%台まで急落するなか、改造の目玉として待望論が浮上しているのが進次郎氏だ。党農林部会長を務めているため農水相や、若手議員らと「こども保険」を提唱したため厚労相などを推測する向きもある。ただ、官邸関係者は「官房副長官が適任ではないか」と言い、続けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース