記事詳細

横浜港で女王ヒアリか、700匹超 環境省の担当者「亀裂に一定期間いた可能性が高い」

 環境省は14日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が横浜港で700匹超見つかったと明らかにした。500匹が働きアリで、さなぎと幼虫もそれぞれ100匹超確認されたことから、女王アリもいるとみられる。ヒアリが見つかったのは東京、愛知、大阪、兵庫に加えて5都府県となった。

 環境省によると、1カ所から確認されたヒアリの集団の規模としてはこれまでで最大。横浜港本牧ふ頭のコンテナヤードで、舗装面に生じた亀裂の土の中から見つかった。担当者は「巣を作っていた可能性が高い。次の世代まで繁殖は進んでいないとみられるが、亀裂に一定期間いた可能性が高い」としている。同省は舗装面の亀裂を埋める作業を検討するよう国土交通省に要請している。

 高い繁殖力を持つ女王アリはこれまで、兵庫県と大阪府で確認。東京港に陸揚げされたコンテナ内からも、働きアリとともに卵や幼虫、さなぎが見つかっており、女王アリもいたとみられる。

 神戸港に設置していた捕獲用容器で12日に捕獲したアリも、14日にヒアリの働きアリと確認した。神戸港でこれまでにヒアリが見つかった場所から50メートル程度離れていたが、担当者は「想定していた範囲内」としている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう